齋賀設計工務

中長期の事業計画を考える。

約 2 分

これは私の好きな写真です。

飯能の山奥から切り出した桧を自然乾燥させている状態です。

何十年もかけて育った気を切り出して、1〜2年またはそれ以上かけて乾燥させて、何十年も住むお客様の大切な家の柱になる。

家づくりの醍醐味の一つです。

多少前後はありますが、人間の寿命はたった70年足らず。私も今年で39歳になるので、残された時間は30年程度でしょうか。

30年のうちどれだけ仕事を出来るかわかりませんが、体に鞭打って全力疾走できる時間は30年より遥かに短い。

残りわずかしかない全力疾走できる時間で会社をどうしていきたいか?

今日も朝からスタッフと今後の事業計画について意見交換をしました。

中長期の事業計画をしっかりスタッフと共有し、唯一無二の工務店になるために日々仕事に取り組んでいきます。

短期目標を立て、それを確実に達成していくことの繰り返しが結局一番近道だと思います。

会社の目標とは別に個人としては2020年12月末までにTwitterのフォロワーを100人にすることを目標にしています。「少ない!」と思われるかもしれませんが、本当に苦手で全然増えないんです。もっと研究が必要かな・・・